カラコンの裏表判別方法

カラコンの裏表ってどうやって確認するの?

カラコンのレンズの裏表って分かりにくいですよね。

 

特にカラコンを初めて使う人にとっては分かりずらいもの。

 

そもそもカラコンを含め、コンタクトレンズは眼球のカーブに沿うようにお椀型に作られているので、もしカラコンを裏向きにつけてしまうと違和感やゴロゴロ感の原因になり、最悪の場合眼球を傷つけてしまうかもしれません。

 

そこで今回はカラコンの裏表が簡単に分かる方法を伝授します。

 

1.色で確認

カラコンの裏表判別方法

まず簡単な判別方法として色で見分けるという方法があります。カラコンの着色は基本的に表側の色が濃く裏側の色が薄くなっているので見分けやすいと思います。ただしこれはカラコン自体の色味が濃い場合の話。

 

元々色素が薄いカラコンは色での判別方法は難しくなってしまいます。濃い色味のカラコンをつけるときは色味をよく見てつけるようにしてください。

 

2.指にのせて横から確認

カラコンの裏表判別方法

レンズは綺麗なお椀型をしていますが、一番外側のフチの部分だけは裏と表では形状が違います。フチの部分が内側に綺麗に入っていれば表、外側に反り返っているようであれば裏になります。

 

この方法はすべてのカラコンに有効です。

 

3.レンズの文字を確認

カラコンの裏表判別方法

カラコンの中には裏表が一目で分かるように文字や図柄が書かれているものがあります。小さいアルファベットも文字で書かれていることが多いですが、ちゃんと読めるほうが表、文字が裏返って入れば裏になります。

関連ページ

カラコンってズルい?
カラコンを使うとズルいって言われました。カラコンとつけるのはズルいんでしょうか?